日商簿記 勉強

講師に教わる学習法は理解も格段に深まります

日商簿記の勉強を独学でする方は少なくありません。
特に3級は、独学でも合格は十分にめざせます。
ただ、工業簿記のある2級はスクール等を活用するのが無難でしょう。
また3級ではあっても、講師に教わり基礎をしっかりマスターする学習法の方が、後々より実用的な知識となるのはホントのことです。
このあたりの問題は、学校へ通えるかどうかの時間の問題や、予算との相談も必要にはありますが、なるべく堅実な方法を選びたいものですね。

●通学する
◎教室で、生の授業を聞いて勉強するスタイルは、やはり高い学習効果を期待できます。疑問点も、授業後などに先生に直接聞いて解消できるので不安になることもありません。
また予めカリキュラムも用意されており、学習のペースを作りやすい点も楽です。

×反面、専門学校へ通うには相応の受講料が必要になります。また通学は、すべての授業を通い通さないと意味がありません。通学時間の負担もありますので、なるべく会社や学校、また自宅から近い距離にあるスクールを選ぶなどの計画性も大事です。

そのようなことを考えますと「簿記3級を取るのに学校へ通う必要があるの!?」という声が聞こえてくるのも、やむを得ないことかもしれませんね

●通信講座の利用
◎独学と通学の長所を集めた学習法を提供しているのが通信講座です。基本テキストなど通信講座の教材は、いまは通学講座と同じレベルにあります。どちらもプロが作っているので、その差はないのです。
教室で授業を受ける代りに、通信講座では、講義DVD等のメディア教材を使い「自宅で講義を受ける」スタイルが一般的です。そしてメディア講義のクオリティーも、今日では通学校の授業と同じ水準にあるといってよいでしょう。

ただ通信講座の講義場は、完璧に収録したDVD1枚の講義を、たくさんプレスして全国の受講生に提供しているため、それにより講師の人件費や教室の賃料が大きくカットできます。だから通学講座に比べ受講料がずっと安く押さえられるわけですが、そのような理由もあり、決して“安かろう悪かろう”ということではないわけです。

教室で受ける授業との差は「先生に直接質問できない」の1点です。
この問題をメール対応で解決している通信講座もあります(一例フォーサイト)。
またメディア教材には、何度でも繰り返し視聴できるメリットもあります。

「3級でも基礎の土台づくりが大切」
「でも学校へ通うのはちょっと大袈裟かな」
とお感じの方は、リーズナブルな通信講座での学習を、前向きに検討してみることをお薦めします。

☆合格率全国平均1.66倍。しかも安い!→ http://www.foresight.jp/boki/