日商簿記 勉強

簿記2級・3級・4級の試験は年3回行われます

日商簿記の試験日程は、例年6月、11月、翌年2月に予定されています。このうち、2月試験については2~4級のみの実施となるため、1級受験予定者は6月と11月の2回実施となります。

受験申込の流れについては、下記『商工会議所の検定試験』ホームページにて紹介されている通りです。
商工会議所のホームページはコチラから≫

受験したい日商簿記試験日程のおよそ2ヵ月前を目安に、受験希望地の商工会議所に受験申込方法、受験申込書の入手方法、受験料の支払方法等を確認する必要があります。

原則は窓口での手続きとなるようですが、一部、インターネットや郵送での申込を認めている地域もあるようです。その後は、案内された受験申込方法に従って、手続きを進めていきます。

ちなみに、試験当日には「身分証明書」の持参を忘れないようにしましょう。

原則として氏名や生年月日、顔写真のいずれもが確認できる運転免許証やパスポート、社員証、学生証などが相応しく、試験当日は受験票と共に机上に置くことになります。

万が一、忘れてしまった場合には、試験終了後3日以内(試験日を含む)に、受験地の商工会議所に持参または郵送し、本人確認申請をしなければなりませんのでご注意ください。

簿記は「不合格でもすぐに再試験」が基本

冒頭でご紹介した通り、日商簿記の試験日程は2級~4級であれば年3回設けられており、概ね4ヵ月のスパンで受験のチャンスがあります。

よって、なるべく早期に、確実に合格したいなら、「一度受験してダメでも、すぐに次の試験に向けて再スタートする」といった姿勢が重要。

今回の受験のおよそ4ヵ月後には、すでに次回本試験が控えているのですから、気を抜くわけにはいきません。試験が終わり、見込みがなかったりすると、すぐに勉強を再開しようとは思わないかもしれません。

ですが、ここでブランクが生じてしまうと、せっかく高めた知識はどんどん抜け落ちていってしまい、非効率的です。