日商簿記 勉強

いつでもどこでも学習ができる、そんな環境作りが合格の決め手に

日商簿記2級の勉強法を語る上で、最も重要なのは「環境作り」だと思います。学習に集中できる環境さえ作ってしまえば、あとは勉強を進めていくのみ。何も難しいことはありません。

 私はこのたび、半年間の受験勉強で、日商簿記2級試験に一発合格することが出来ました。
実は以前、一度受験勉強に取り組んだことがあったのですが、恥ずかしいことにその時は本試験日まで対策を続けることは出来なかったんです。
その時の敗因を分析するならば「受験への意識の不足」、そして「環境が整っていなかったこと」にあったのではないかと感じます。
当時は完全独学で、使う教材も学習計画もイマイチ固まらないまま、何となく手当たり次第の受験対策を積み重ねていたに過ぎなかったと思います。
そんな状態だったからこそ、体系的な学習が実現するはずもなく、断片的な知識を元に中途半端な問題演習をするに終始していたんです。すると次第にモチベーションが低下し、受験をする気すらなくなってしまいました。

 このような失敗を教訓に、今回改めて日商簿記2級の勉強法を考えるにあたり、心がけたのは「まず環境を作ろう」という点です。
具体的には、
・専門の対策講座を受講し、それに沿って対策を進める
・家事育児との両立が可能になるよう、自宅で自由に学べる学習法を考える
・しっかりと理解が進むよう、質問応対サービスを活用出来る講座を選ぶ
といったことを中心に、それを叶える講座を受講しました。すべてを考慮し、選んだのは「通信教育」です。

 日商簿記勉強法として、実際に通信教育を受講してみると、数年前にあんなにうまくいかなかった受験勉強がグングン進んでいるなと実感できました。
「自分は簿記試験には向いていないのでは」とさえ思っていたのですが、環境ひとつで学習の進捗はがらりと変化したんですね。これは大きな変化でした。

 私の様に過去に受験に断念、もしくは失敗されたことのある方、もしかしたら「やり方」が上手くなかっただけかもしれません。
本気で合格を目指すなら、真剣に、環境作りに励んでみて下さい。環境を整えれば、きっとうまくいくはずです!

☆日商簿記を講義DVDで楽しく学習しよう!→ http://www.foresight.jp/boki/